« 安倍のミックス漢字 | トップページ | 8月23日朝 »

2017年8月21日 (月)

東寺 弘法市

写真は東寺出店運営委員会のサイトhttp://www.touji-ennichi.com/ichi/kobichi.htm
より拝借したもの。
京都市南区九条町1にある東寺(とうじ)では、毎月21日早朝5:00〜16:00頃まで、私達京都人が「弘法(こうぼう)さん」と呼んでいる縁日が開かれます。
今月は今日です。
私達京都人に「弘法市」という正式名称を言われても、多分みんなきょとんとして、ちょっと考えてから、あ〜弘法さんかいな、となります(笑)。
(以下コピペ)
元々”縁日”とは神仏がこの世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると大きな功得があるということです。
東寺では祖師空海入寂の3月21日を期して毎月21日に御影堂で行われる御影供のことを指しています。
当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになったそうです。
一方、人々が盛んに参詣に訪れるようになったので、当時『一服一銭』と言われるごく簡素な屋台で茶を商う商人(茶店の前身のようなもの)が出てくるようになり、江戸時代には茶店だけではなく、植木屋や薬屋なども出てくるようになりました。
これが現在の「弘法さん」の起源だと言われています。
現在では多数の露店が立ち並ぶ縁日となっていて、縁日を目的とする人も少なくなくなっています。
境内のすぐ横まで広がる露店は常時およそ1200〜1300店ほどで、毎月約20万人ほどの人が訪れています。
その内容も様々で、骨董・古着・がらくたなどが売られていますが、フリーマーケットなどと違う点は「みんな一般の人」ではなく「業者さん」が出店しているところでしょう。
ほとんどの方が別の場所でお店を構えていて、弘法さんの日には露店を出している、といった感じです。
弘法さんは毎月21日の朝5時ごろから夕方4時ごろ(日没ごろ)まで終日行われていますが、開店・閉店時間は季節や天候、出店者によって変化します。
基本的には雨天決行ですが、たとえば古着屋や骨董など雨に弱い商品の店は開店休業状態だったりもします。
お客さんの層もご年配の方だけではなく、若い方や家族連れ、外国人の方なども多く、歴史ある弘法大師信仰の場と立ち並ぶ露店、店の人とのやりとりや珍しい品々を見ているだけでもとても活気ある楽しい縁日です。
(コピペ終わり)
東寺へは、
近鉄「東寺(とうじ)」駅〜九条通西へ、南大門まで0.6km徒歩10分。
JR「京都(きょうと)」駅八条口〜新幹線高架下を西へ、北門まで1.1km徒歩15分。
市バス18・特18・42・71・特71・207「東寺東門前(とうじひがしもんまえ)」停留所〜すぐ。
「九条大宮(くじょうおおみや)」と「「東寺南門前(とうじみなみもんまえ)」の西行きバス停は、弘法さんの開店中はバスが通過しますので、ご注意ください。
自家用車の方はパーク&ライドhttp://kanko.city.kyoto.lg.jp/okoshiyasu/kashikoku.html
パーク&ライドとは、自家用車は混雑する場所には乗入れず、高速道路出口付近など離れたところに駐車して公共交通に乗り換えることです。
東寺弘法市(東寺出店運営委員会)→http://www.touji-ennichi.com/
東寺 - 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺→

« 安倍のミックス漢字 | トップページ | 8月23日朝 »